Home>整形外科

整形外科のご案内

整形外科では、骨・関節・筋肉・靭帯・腱・脊椎・神経などの運動器の病気やケガの治療と痛みを主とする病気の治療を行っております。

運動器は、身体を支え姿勢を保ち、運動を可能にする器官で、関節・筋肉・靭帯・腱・脊椎・神経などで構成されていますので、運動器の疾患は、運動機能に障害が発生します。

診察室

当院では、運動器の病気やケガの治療、さらに併設のリハビリテーション科スタッフと連携しながら、病気やケガをする前の状態まで運動機能を回復させることを目指しております。

手、足、背骨などの運動器に痛みがある場合やケガをした際には、なるべく早く診断し治療を開始することが早期回復につながります。

下記の症状でお困りの方は、なるべく早めにご来院ください。

  • 首・背中・腰の痛み
  • 関節の痛み(肩・肘・手首・手・股関節・膝・足首・足など)
  • 足の痛み(外反母趾、扁平足など)
  • スポーツ障害による痛み(靭帯損傷、テニス肘、肉離れなど)
  • 腱鞘炎,手足のしびれ、こわばり
  • ケガ(骨折・脱臼・打撲・ねんざ・きず)
  • 小児の整形外科疾患
    (股関節脱臼や斜頚などの先天性疾患、側彎症、姿勢異常、歩行障害など)
  • 骨粗鬆症(こつそしょうしょう)の予防的治療
  • 痛風
  • 交通事故、労務災害

整形外科設備

X線写真(レントゲン)撮影・透視診断

当院のX線写真(レントゲン)は、高画質CR(Computed Radiography)を採用し、撮影後すぐに画像診断をすることができ、効率よく診察を行うことができます。

X線写真(レントゲン)撮影・透視撮影

X線骨密度測定装置 Discovery Ci型 HOLOGIC社製

最新の骨密度測定装置を導入致しました。
腰椎と大腿骨で骨密度を測定します。従来と比較して、正確、安全、スピーディーに骨密度を測定し、骨粗鬆症の診断を行うことができます。

骨密度測定について
X線骨密度測定装置

超音波画像診断装置 SONIMAGE HS1 コニカミノルタ社製

整形外科領域として、先進的な診断が可能となり、レントゲン写真では観察しにくい軟骨、筋肉、靭帯等の診断に大変役立っております。また、手の関節の炎症(血流)を超音波で検査することで、早期リウマチの診断にも大変役立っています。

超音波画像診断装置(LOGIQe GE社製)

当院では、レントゲン撮影は、女性の診療放射線技師が担当しております。
女性の方やご高齢の方も、安心してX線撮影をうけていただけるよう配慮しております。

広瀬整形外科リウマチ科(東急田園都市線江田駅西口徒歩1分)

〒225-0015 神奈川県横浜市青葉区荏田北1-2-1 platform 102(駐車場あり)
TEL:045-910-0711

本日の診療時間
2018年09月26日(水)
9:00~12:30 15:00~18:30
supported by DIGITAL Lamp